7月です。2015年ももう残すところ半分ですね。

今日は、もうひとりの 谷口マサトの隣の席の人が、先日公開した谷口マサト企画最新記事「デートの歴史」のろしからポケベルに黒電話、デートの連絡手段の進化を見るのメイキングの模様を公開しちゃいます。

今回の記事は原始時代から現代、カップルはその時代最先端の通信技術をつかってどうデートの約束をしていたかを妄想してみたという内容です。

記事も大きく5つの時代(原始、江戸、明治、昭和、平成・現代)に分かれているのですが、今回は撮影二日目の江戸、明治、昭和、平成の現場を紹介しまーす。

0702_01
今回のチーム谷口には、毎回おなじみのヨッピーさんや地主さんなど。打ち合わせ&談笑中の三人。

江戸時代の父親役、森さんのヘアをちょんまげにする

0702_02
撮影二日目しょっぱなの撮影では、今回依頼したヘアメイクの大古知さん(以後、大御所さん)の傑作であるこのちょんまげを・・・

0702_03
森さんに装着。

0702_04
大量にエアピンを使用して、無事に装着成功!

0702_05
荘厳な面持ちの森さん。もう江戸時代の厳粛なお父さんになりきっちゃってる。

0702_06
なんか面白い図だったので撮ってみました。
ちょんまげヘアを上から見下ろす機会なんて、今後一生めぐりあわないだろうと感慨深くなってみちゃったりして。
なかなか謎なティッシュはあえてスルーしましょう。

0702_07
こっそり自撮りなんかしちゃって☆

矢文を飛ばすシーンの撮影


このGIFアニを作るための撮影です。

0702_08
弓道で使うような本物の弓矢で再現、ということは本物の武器を使用するということなので、このシーンの撮影は用心に用心を重ねて、こんな風に撮影しました。

0702_09
超集中するカメラマンの横山さんと演出ヨッピーさん。
「いいねー!いいよー!!」と士気をあげる横山さんはさすがプロフェッショナル。

0702_10
真剣に動画をチェックする、チーム谷口。これぞプロフェッショナルの背中!(ドヤ顔)

0702_11
真剣じゃない時もあります。
矢が刺さってるのに森さんうれしそう。森さんてMなの?

昭和のカミナリ親父シーンの撮影

昭和時代の撮影準備は、脱・ちょんまげから始まります。
0702_12
大御所さん、自分の作品の堂々たる使命達成に誇らしげ。

0702_13
ちょんまげの代わりに、はらまき装着。 それだけでもう昭和感MAX出てます。

0703_13
ここで谷口さん。
室内で夜の設定の撮影をすることになったのですが、窓から光が入ってしまいますので、白いボード自然光を遮って夜を演出するお仕事。チーフプロデューサーもカラダ張ってます。

0702_14
「写真撮ってー」と、なにかと思いきや、実は同い年のこの三人。かーわーいーいー。
バブル時代のちんぴらと昭和のお父さん、本当にいそうな出で立ちで、なんかもうよくわかんなくなってきました。なんの絵だよこれ。

49e3d51e-s
昭和の食卓といえばそうめんとコロッケ・・・?「このコロッケうまいんですよ!」とカメラマン横山さん。
長時間撮影中だったチーム谷口、小道具として使ったコンビニのコロッケのおいしさに感動を隠しきれませんでした。3分しないうちに完食。


キャストの皆さんの紹介

今回特に出演者さん達の迫真の演技が続出だったので簡単に紹介します。

アインツワッパさん
3f95300f-s


森翔太さん
0702_15
0702_16
「Always三丁目の夕日」ばりのこの風景。


地主恵亮さん
18
「ア・イ・シ・テ・ル」の手旗信号を一生懸命覚えてくれました。


LINEの田村さん
80309a5d-s-1
0702_17
「はあ?って表情つくってみて」という注文に答える田村さん。そしてその後ろでなぜか一緒に力入っちゃう地主さん。
田村さんもメイキングレポートを書いてくれました。
【バイト体験記】プロの現場でエキストラの仕事を初体験!

最後に

19
伝説のショルダーフォン。
伝説すぎて、平成5年生まれの私には神格化していて、一人興奮。



さて、扇風機の季節がやってまいります。夏バテ注意です。
みなさん良い7月を☆